アドセンス用

良かれと思って抱っこしてたのに、、、

娘が生まれてから、私の人生は大きく変わりました。

 

 

娘は抱っこしないと永遠に泣きつづける子でした。

 

 

1歳前までは本当に朝から晩まで抱っこしつづけていたような気がします。

 

 

ごはんをつくるときも泣き、

 

 

トイレにいくときも泣き、

 

 

眠たいのに眠れなくて泣き、

 

 

お腹がすいたら泣き、、

 

 

きりがなかったです。

 

 

するとやはり私は寝不足になり、

 

 

どうして泣いているのか分からないときは精神的に不安定になりました。

 

 

とくに一番つらかった時期は、産後1ヶ月~2ヶ月の頃で、夕方から朝方まで泣きつづけていました。

 

 

寝不足になり、辛かったです。また、1歳をすぎ、まだ歩く気配がないので病院で相談すると、

 

 

「抱っこしつづけていると、歩く練習ができないから発達が遅れるよ」

 

「つかまりだちの練習を家でもしてあげてください」

 

と言われました。

 

 

ショックでした。いままで子供のためを思って、抱っこしていたのに、それが成長を阻害するものだったとは。。

 

 

先生に言われた日からつかまりだちの練習をさせると、すぐ子供はつかまりだちをするようになり、とても安心しました。

 

 

結局1歳半であるけるようになり、みんなよりは遅いですが、1歳半健診までには歩けたので本当に嬉しかったです。

 

 

健診でまだ歩けない子はいなかったので。もしあのとき病院の先生に相談していなかったら、いつ歩けるようになっていたのか、ぞっとします。

 

 

私は保育の資格がありながら、初めての子供なので、どう育てていいかよく分からずたくさん悩みました。

 

 

なので、もっと周りの人を頼れば良かったと思いました。

 

 

保育の知識だけでは子育てはできないんだなと痛感しました。自分だけで解決しようとするとしんどくなるので、これからも人の意見を参考にしていきたいと思います。

 

 

苦しい思いでも、いまとなっては良い思い出です。