アドセンス用

はじめての沐浴に四苦八苦

初めての赤ちゃんで、私が一番苦労したのは沐浴です。

 

 

生まれる前から沐浴は、恐怖でしかありませんでした。

 

 

だっていくら小さくて軽いとは言え、人間を片手に乗せた状態で体を洗うんですよ?

 

 

手がもし滑れば、お湯な中にジャボン。耳を体を支えている手で塞ぐなんてもってのほかです。

 

 

しかも、私の通院していた病院では、沐浴指導はDVDの映像を見るだけでした。

 

 

てっきり、ドラマなどで見るように手取り足取り教えていただけると思っていたので、退院後の沐浴は恐怖でしかありませんでした。

 

 

退院後、同居中の義母に教えてもらいながら、見よう見まねでやってみましたが、

 

 

ギャン泣きする赤ちゃん相手の沐浴は重労働でした。

 

 

旦那に赤ちゃんを支えてもらっての沐浴でしたが、暴れまわる赤ちゃんの体はうまく洗えず、結局義母と旦那が沐浴担当になりました。

 

 

一度は沐浴担当から外れた私でしたが、次に待っていたのは赤ちゃんの入院でした。

 

 

赤ちゃんに病気が見つかったので赤ちゃんは入院、私は付き添いで行くことになったのです。

 

 

病院では、沐浴は看護師がサポートしてくれますが、基本はママである私がしなくてはいけません。

 

 

毎日のように響き渡るわが子の泣き声は、病室まで聞こえていました。

 

 

看護師もお手上げ状態。結局、1ヶ月の入院中、沐浴で毎日のように泣かれ私も赤ちゃんも沐浴が大っ嫌いになっていました。

 

 

そんな時に何とか解決方法はないかとネットで検索するとバスチェアーを発見したんです。

 

 

小さい手だと安定感がなく赤ちゃんが怖くて泣く。

 

 

そんなことが書かれてるのを読んだのでダメ元でバスチェアーを買うことにしました。

 

 

寝返りをし始めたばかりの時期でしたが、手足をバタバタさせて暴れるためリクライニング付きのバスチェアーを選びました。

 

 

買ってみたら、これが当たりでした!

 

 

少し暴れはしましたが泣いたりはしませんでした。

 

 

何より一番良かったのは両手が使えることです。

 

 

両手が使えると洗い難かった首や脇の下まで手を入れることができますし、

 

 

一人で入れられることができるためリラックスして赤ちゃんをお風呂に入れることができるのです。

 

 

今となっては、なんでもっと早くバスチェアーを買わなかったのか謎です。